あ!30代独身女性の結婚率は○○%!!

内閣府の結婚率の推移をみるとかなりショックなことがわかりました。

2015(平成27)年の結果を見てみると

【30~34 歳】

男性はおよそ2人に1人(47.1%)、女性はおよそ3人に 1 人(34.6%)が未婚。

【35~39 歳】

男性はおよそ3人に1人(35.0%)、女性はおよそ4 人に1 人(23.9%)が未婚。

長期的にみると上昇傾向が続いていて、男性の30~34歳、35~39歳、女性の30~34歳においては、前回結婚率調査(2010年国勢調査)からおおむね横ばいとなっているものの結婚率は1970年代と比べると半分の水準となっています。

これは、昔に比べると結婚することが難しくなっているという事も示しているのかもしれません。という事は30代独身女性が結婚することは難しいのでしょうか?

30代独身女性の未婚率は?

国勢調査『日本の長期統計系列』によると30~34歳で結婚した人の割合は31.3%、35~39歳で結婚した人の割合はたった10.8%。35歳を過ぎると結婚した人の割合が、ガグッと落ちています。

40代に入ると、結婚した人の割合はさらに少なくなります。

日本人の平均初婚年齢は、2012年で、夫が30.8歳(対前年比0.1歳上昇)、妻が29.2歳(同0.2歳上昇)と上昇傾向を続けており、結婚年齢が高くなる晩婚化が進行しています。

1980年には、夫が27.8歳、妻が25.2歳であったので、ほぼ30年間で、夫は3.0歳、妻は4.0歳、平均初婚年齢が上昇していることになります。

また、初婚の年齢(各歳)別婚姻件数の構成割合を1992(平成4)年から10年ごとにみると、夫は1992年と2002(平成14)年を比較すると大きな差異はないものの、2012(平成24)年において、妻は2002年及び2012年においてピーク時の年齢が上昇するとともに、その年齢が占める割合は低下していて、夫妻ともに高い年齢の割合が増加しています。

さらに、出生したときの母親の平均年齢をみると、2012(平成24)年の場合、第1子が30.3歳、第2子が32.1歳、第3子が33.3歳であり、前年に続いて第1子出産年齢が30歳を超えました。

子供が欲しい人にとっては30歳がやっぱりリミットのようです。

[button url=”https://pea-zu.jp/?p=348″ text=”30代で結婚したいなら、ここをクリック” type=”flat” color=”red” icon=”maru-sankaku” width=”wide”]

30代独身女性の生涯未婚率がやばい事に!!

生涯未婚率が厚生労働省から予測値を含めて発表になりました。

人口問題研究所「平成27年版厚生労働白書 」によると、2016年の生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%で、前回調査の2011年と比べて3ポイント以上増加、過去最高。

これは、男性の「4人に1人」、女性の「7人に1人」は生涯、独身のまま過ごすことを示しています。

さらに2035年には男性の「3人に1人」、女性の「5人に1人」は結婚をしたことがない人ばかりに!

でも、『自分は大丈夫』なんて安心はできませんよ!!

独身女性も男性も、実はみんな結婚はしたかった?!

そもそも多くの人が、結婚したくないと思っているのだろうか。

ここでは結婚に対する 考え方について見ていきたい。 国立社会保障・人口問題研究所が行っている「出生動向基本調査」 によると、「いずれは結婚しようと考える未婚者の割合」は、1982(昭和 57)年と比較すると男性は9.6ポイント、女性は4.8ポイント減少しているものの、9割弱で推移しており、依然として高い水準にある。結婚願望は決して低いわけではない。

30代独身女性が婚活するなら短期集中だ!

これだけ『いずれ結婚するつもりだ』という独身男性、女性がいるのだからもっと結婚率が上がってもいいようなものだが、なかなかうまくいかないのが人の縁。

年齢別にみると18~24歳の年齢層では、「(結婚するには)まだ若すぎる」「まだ必要性を感じない」「仕 事(学業)に打ち込みたい」など、「結婚しない理由」が多く挙げられている。

一方、25~34歳の年齢層になると、「適当な相手にめぐり合わない」を中心に「結婚 できない理由」へ重心が移り、「結婚しない理由」のうち「まだ必要性を感じない」の割合が依然として多く、社会としての結婚観の変化も影響している と考えられる。

35~39歳の年齢層になると、さらに「結婚できない理由」へ重心が移り、「適当な相手にめぐり会わない」の割合が他の理由を大きく引き離します。

また、どの年齢層でも、男女ともに「異性とうまく付き合えない」が2010(平成22) 年の調査において増加、もしくは高い水準を維持しており、積極的な理由は未婚者自らの選択によるため、未婚者自身がコントロール可能だが、消極的な理由は未婚者方自身ではコントロールが難しく、本人の努力や気持ちの変化にのみ期待するばかりではなく、周囲の様々な支援によって結婚に至るケースもあると考えられます。

少し前までは『合コン』『友達の紹介』などのきっかけで結婚するカップルが多かったですが今はまず『異性と出会える』『適当な相手と巡り合える』場所に行かないと『結婚したくてもできない』という事態になっています。

もしあなたが30代の独身なら本気で婚活に励まないと『結婚』したくてもできないのが今の現実です。

【人気急上昇】30代独身が婚活するなら結婚相談所

20代、30代で婚活の仕方は違ってきます。20代であれば『友達の紹介』『恋活アプリ』などカジュアルな婚活が好まれますが、30代で独身となると『結婚を視野にお付き合い』を考えないといけないので、『友達の紹介』『恋活アプリ』だと自分が思っているような人に出会えないという問題が出てしまいます。

そういったことから30代の婚活では『結婚を真剣に考えている人』を対象とした婚活が中心となります。

また30代の方の婚活では、

  • 今まで婚活してきたけど、結果が出ない
  • 婚活を始めたけど、どうすればいいか分からない

といった悩みを持った方が多くいます。そんな時に頼りになるのが『結婚相談所』です。結婚相談所というと『モテない人が行くところ』というイメージがありますが、実は結婚するためのノウハウを蓄積している場所なのです。

  • 無料のカウンセリング
  • 毎月決まった人数の異性の紹介
  • デートなどのやり取り代行
  • 悩みの相談
  • カウンセラーのサービス

など、多くの人が悩むだろうことをしっかりサポートしてくれるのが『結婚相談所』なのです。

また、30代独身ともなると時間があまりない人が多いはず、そんな人のためにもプロのスタッフがサポートしてくれる結婚相談所はおすすめです。

年齢、身長、年収などのデーターだけでなく、その人に会った結婚観、性格などデーターでは把握できないことまで調べて、その人に最適な相手を厳選して紹介してくれます。

また、多くが3ヶ月4か月という短い期間でのマッチングを実現してくれるので『成婚』までの道のりが短いことも利点です。

活動によってあらゆる面でサポートをしてくれる結婚相談所を使わない手はないと思います。

登録は無料のところが多いですので、無料カウンセリングなどしてくれるところで婚活のプロに相談してから決めてもいいかと思いますよ。

なお、ゼクシィ縁結びのメリットを詳しくこちら(ゼクシィ縁結びのメリットは?登録前に知っておきたい6つの事)に記載していますので、こちらも合わせて参考になさってください。

>>>ゼクシィ縁結びにすぐ登録する<<<