30代なのにお金がない、そんな女性におすすめの貯蓄方法とは?

30代になってお金がないので少し不安になりますがこれは男性ばかりでなく女性も同じです。

今回は30代女性の貯蓄方法と貯金事情を簡単にリサーチしてみました。

今、貯金がある人も貯金がない人も参考にしてみてくださいね。

お金がない30代女性の実態

30代になって貯金額を見ると気になるのが、一体いくらこの後貯めればいいのだろうということと、他の人たちの通帳にはどのくらい貯金があるのだろうという比較です。

自分が必要だと思っている金額と、他の人が必要だと思っている金額が違うということと、毎月貯めている金額も違っていたりするとすごく気になりますよね。

今回はそんなの気になることをちょっと掘り下げてみてみたいと思います。

30代女性の貯蓄額は?

貯金はしていますがこの金額で大丈夫なんだろうか?と思うことはありませんか?

まずは30代女性の貯蓄額がどのぐらいあるのかを調べたアンケート結果を見ていくことにしましょう。

マイナビウーマンが調べた30代女性の貯蓄額のアンケートによると最も多いのが1000万以上で20%

意外と1000万以上貯めていることが多いのですが、これは親と同居しているなどの経済的な負担が少ないことや、早くから貯蓄に関して関心がある人が多いようです。

女性の社会進出が進んでいるので仕事に生きがいを持っている女性の割合も増えているのがこの貯蓄額に表れてもいます

また、貯蓄額が400万円未満の割合も多くこの中でも貯蓄額が0となっている人が25%以上いると報告もあります。

これはまだ女性の働く環境が充実していないのと結婚していない女性に関しては生活費以外で色々なことに使っているということが、関係しているかもしれません。

それでは女性の毎月する貯蓄額に関してはどうなってるんでしょうか?

女性が毎月貯金する金額は?

収入によって貯蓄に回せる金額が変わりますが平均的にはどのくらいの金額を貯金に回していいのかを見ていきましょう。

この中でも10万円以上というのは実家暮らしの方が多いです。

普通は1人暮らしをしていて節約をして貯蓄に回せるお金としては6万円から2万円というのが平均です。

ただ普通の時には貯蓄をすることは難しいという人の中にもボーナスなど臨時収入があった場合には貯蓄に回すという工夫をしている人も多くいます。

女性が結婚に必要とする金額は?

貯蓄をする目的には様々な目的がありますが結婚のために貯蓄をしている人も少なくありません結婚式の費用、新婚旅行の費用、新生活スタートのための費用、様々な費用を前もって貯蓄している女性も多いのです。

結婚式を挙げる場合には平均結婚式の費用が360万円、新婚旅行が75万円、婚約にかかる費用が160万円、新生活のスタートのための費用が72万円というデータがあります。

トータルで考えると668万円が結婚をするには必要となります。

ご祝儀などの費用で半分ぐらいはカバーできるとしても残りは二人の貯蓄で賄う必要があり、これらの事を考えると二人で300万円は貯蓄したいということが 分かってきます。

その時の二人の経済状態にもよりますが少なくとも100万から150万ずつは貯金しておきたいところです。

女性が一生独身の場合に必要とする金額は?

最近では独身の女性も多くなりました。収入面でも一人で暮らしていくのに難しくないキャリアを持っている方が出てきましたが、定年退職した後の老後にかかる費用というのは若いうちはあまり考えていないものです。

一般的には月20万円から25万円あれば不自由なく暮らせると言われていますが、平均寿命87歳ということを考えると30代から必要な老後の資金としては6400万円が必要になってきます。

ただ年金というのはありますが月々今は10万ほど給付があるようですが今後どうなるか分かりません。

退職金がもらえればまた違ってきますがそれでも半分ぐらいが賄える程度でしょうそう考えると3000円ほど必要になるので1年で約100万円の貯金が必要となってきます。

ここまで平均的な所得額やこれから必要な金額などの紹介してきましたかここから30代の女性が貯蓄できない事情を見ていきましょう。

30代女性が貯金できない理由

女性ならではの理由がありますがこれらにかかる費用に関してはみなすことができるのは大きな収入を手に入れたと同じことになり必然的に貯金もできます。

美容関係

年齢を重ねれば重ねるにつれて、重要とされる項目ではありますが将来のことを考えると普段の化粧に関しても考えるべきことがあると思います。

年相応もしくは普通でいいのであれば美容整形などの手術をすることも必要ないですし、エステも過剰に通う必要はないかと思います。それよりは将来のこと考えて貯蓄に回した方がストレスも少ないのではないでしょうか。

ブランド品

ブランド品は人の欲望を満たす魅力があります。持っているだけで自信を持つことができたり自分を特別な人間と思うことができるのでブランド品を購入する理由としては十分すぎるくらいのことがあります。

ただしブランド品を多く身につけていることが、その人の評価になると言うことではないということも理解した方がいいでしょう。

それよりも自分の好きなブランドを特別なものとして持っているのは良いですが、多く複数持つことはその時の経済状況を考えてからの方が良いと思います。

交際

好きな人がいるとその人に気に入られたいと思うのは普通のことですが、相手のことを思いすぎて相手の好みに合わせたりどうしても気に入られてたいので貢いでしまったりすることはよくありません。お金ではなく 思いによって交際が続くこと考えましょう。

30代女性が効率的にお金を貯める方法

30代でお金がないと不安になることは非常によくわかりましたし、できるだけお金を貯めておく必要があるということがわかります。

ただ30代ということもありますので無理をしてお金を貯める必要はないかもしれません。

ただできる限り簡単にできる方法でお金を貯めることができれば良いですよね。

次に簡単にできて続けていくことができるお金の貯め方をご紹介します。

住居

まずは固定費として考えられるのが家賃です。

賃貸の場合には通勤圏など考えられることがありますが、許容範囲であれば駅からちょっと遠くても家賃が安い所、広さが十分であれば少し小さくても費用がかからないところに引っ越すのはいかがでしょうか?

またインターネットの通信費は家賃に含まれているものや管理費、共益費がないものもあります。これらのことを考えてトータルで安くすることができればそのぶん貯蓄に回すことができます。

保険の見直し

何かあった時には非常に有益な保険ですが、知り合いからの勧めや付き合いで加入した保険は一生使わないことが多いです。

そう考えると自分に必要な保証の種類と金額サービスを総合的に考えて保険を見直すと保険料を安く抑えることもできます。

保険の見直しについては今は様々なサービスがありますから保険の見直しサービスを利用することをお勧めします。

貯金

月末もしくは出費が終わった後に食べようと思っていてもなかなか人間はできないものです。

それよりは手元にお金があるということをなくすためにも給料天引きや自動積立などを利用するのがいいかと思います。

できるだけお金がなく時に引き出すのが難しい状態にしておくと必要な時以外は引き出せないようになるので必然的に貯金額が増えていきます。

まとめ

気になることや不安なことを考えるとどうしても貯蓄額を増やしたいと思います。

けれど無理なやり方をするとストレスにもなりますし長く続けることができません。

そうすると結局貯金をすることができなくなってしまいます。

30代なら 時間もあるし自分でコツコツ貯金することは可能です。

貯金をしようという気持ちと、毎日コツコツと続けられることが最終的に自分を困らせない事になってくるのです。

見直せるものは見直して、今後貯金を無理なく増やすようにしていくことが大事ではないでしょうか?

今回は貯金できない女性の特徴や、その心理などについてリポートしてみました。

貯金する理由は人それぞれだと思いますし、貯金そのものは悪いことではないと思います。生活や教育のための貯金は多くの女性が考えていることですし、実際にしていることでもあります。

しかし、貯金ゼロを軽く考えすぎると、予想以上に将来に大きなリスクを残す事にもなります。

現在貯金がない人も、是非将来に向けて今の貯金がプラスになるように、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

もし、あなたが貯金できずに悩んでいるなら、チャットレディーはおすすめです。

ジム友達の彼女によると「週2回、一日2,3時間の短時間で結構稼げるらしく、スーパーで働いているときより多いようです。

時給は出来高だそうですが高い時で3,000円という事ですのでスーパーよりは4倍近く違いますね。

詳しくはこちらの記事「生活苦しい主婦は在宅ワークで悩みを解決!」に書いてありますので是非読んでみてください!!