借金が減らない!借金返済のコツは?早く返すためにやるべきこと

  • 早く返すために毎日頑張っているのに全く借金が減らない。
  • 返済額が減らないし、毎日の生活が苦しい。
  • 数社からの借金の返済額がわからなくなって不安。

こんな悩みを持っている女性の方が近くにいませんか?借金があるからといってないとワークに走ったり、やりたくもない男の相手をさせられては体も心も持たないですよね。

借金がある女性が早く返すためにやるべきことはまず「返済計画をしっかり立てること」

自分の借入金額の総額を把握して、毎月の返済金額を見直していくだけで完済することが出来る場合があります。

今回は返済計画の立て方について解説をしてみますので、自分の借金返済計画を見直していきましょう。

返済計画の見直しによって完済できる人の特徴

女性でも男性でもそうですが借金返済計画を建てる前に、今現在の自分の状態がどうなのかを確認してみましょう。

実際に「借金を完済できる」状態なのかを把握することは大事です。

計画さえ立てれば借金返済が出来る人の特徴

借金返済が出来る人の特徴は3つあります。

え!誰でもできるんじゃないの?と思っているあなた!

借金返済はそんなに優しいものではないんですよ。

借入金が収入の3分の1未満の人

収入が30万円あったとして、返済金額が10万を超えているとどういう事になるでしょうか?

生活費は20万円。

相当切り詰めれば何とかなるかもしれませんが、借金をする人の多くが収入の3分の1以上あると生活に支障をきたすなど、その金額で生活できないから借金をしている状態があります。

ですから収入の3分の1未満が一つの基準です。

返済のための借り入れをしたことがない

返済のための借入、そしてその利息のための借入…と雪だるま式に増える借金。

こうなると借金のための借金となりますので、元の金額を返済することさえ難しくなります。

まず、最初に借りた金額を返済できる力。これがないと計画を建てても無駄なんですね。

安定した収入がある

今月は30万円の収入があるから返済できるけど来月10万円しか入らなかったら、借金返済どころか…生活さえままならないですよね。

安定して毎月の収入が見込めるからこそ返済計画が成り立つので、安定した収入が見込めることは大事です。

返済計画を建てるための3つの手順

返済計画を見直して借金の完済を目指す方のために、計画の立て方の手順を解説します。

現在の借金額を明確にする

現在の状況を把握するために大事なのは1円単位まできっちり記入することです。現在自分が何社からいくら借りているのか?どのくらい借金があるのかを正確に知っておきましょう。

もし、自分の借金額がわからない。確認したいというときは下記の方法で調べてみましょう。

借入先が分かっている場合

銀行、消費者金融など借入先がわかっている場合、HPの会員用ページから調べてみましょう。

直接電話して聞いてみても問題ありません。

借入先がわからない場合

多重債務になると「どこにどのくらい借りているかがわからない?」という場合があります。その場合は、信用情報機関に問い合わせましょう

信用情報機関とは、個人の信用記録(借金、ローン、クレジットカードの履歴)などを管理している機関です。
信用情報機関は以下の3つがあり、銀行や消費者金融、カード会社などすべての金融業社はこのいずれかに加盟しています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC) 主にクレジットカード会社・消費者金融・銀行が加盟
株式会社日本信用情報機構(JICC) 主に消費者金融、クレジットカード会社が加盟
全国銀行個人信用情報センター(全銀協) 主に銀行が加盟

以上の3つの信用情報機関に問い合わせれば、10日内にすべての借金の情報がわかります。

自分の収入から返済可能額を計算してみる

自分の返済可能額を知ることは、これからの返済計画を建てるために大事なことです。

今の自分の給料(収入)から月いくらまでなら返済に充てられるのかを計算しましょう。

注意点としては支出は少なめに見積もらないこと。多めに設定し「節約しよう」という気持ちと今後に節約しようと思っていても多めに使ってしまい断念しないように最初から多めに計算しましょう。

返済は毎月無理なく生活できる金額でないと返済できません。

利息を計算していつまでに返せるのかシュミレーション

借りたら利息が付くのは当たり前。最低返済額は利息でしかなく、毎月利息だけを払っても元金が減らなければ一生返済地獄です。

利息とは別に元金をいかに減らすかを計算することは重要です。

各債権者ごとに「月に元金を◯◯◯◯円減らす」と目標を立てれば、月々の返済額もわかりますし、今後支払っていけるのかがわかります。一度試してみてはいかがでしょうか。

借金返済できる女性のまとめ

今回は借金返済できる女性の特徴や、その方法などについてリポートしてみました。

借金する理由は人それぞれだと思いますし、借金そのものは悪いことではないと思います。生活や教育のための借金は多くの女性が考えていることですし、実際にしていることでもあります。

しかし、借金を軽く考えすぎると、予想以上に将来に大きなリスクを残す事にもなります。

現在借金がある人も、是非将来に向けて今の借金がプラスになるように、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

もし、あなたが借金で悩んでいるなら、チャットレディーはおすすめです。

ジム友達の彼女によると「週2回、一日2,3時間の短時間で結構稼げるらしく、スーパーで働いているときより多いようです。」

時給は出来高だそうですが高い時で3,000円という事ですのでスーパーよりは4倍近く違いますね。

詳しくはこちらの記事「生活苦しい主婦は在宅ワークで悩みを解決!」に書いてありますので是非読んでみてください!!